CAPP

CAPP(Companion Animal Partnership Program)活動とは

公益社団法人 日本動物病院福祉協会(JAHA)が1986年5月より始めた活動で、30年近く歴史があります。 JAHA会員動物病院の獣医師・動物看護師と多くのボランティアの方々が健康な動物(犬・猫・鳥・兎など)を連れて各種施設(高齢者施設、病院、学校など)を訪問し、動物の持つ温もりや優しさにふれていただくボランティア活動で、人と動物との絆(Human Animal Bond)を大切にすることを理念に掲げています。

具体的な活動内容としては、動物介在活動(AAA)、動物介在療法(AAT)、動物介在教育(AAE)などがあり、それらの総称として「CAPP活動」と呼んでいます。CAPPとは「Companion Animal Partnership Program(人と動物のふれあい活動)」という意味です。

当院では月に1回、動物と一緒に動物介在活動(AAA)と呼ばれる高齢者施設への訪問活動に参加しています。私たちのボランティアのチーム名は"OHANA(オハナ)"。ハワイ語で家族や絆という意味です。

さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください

http://www.jaha.or.jp/contents/modules/sect5/

活動風景(利用者様に許可を得て撮影しています)

活動風景
活動風景
活動風景
人と動物がより良い関係を結べるようにスタッフ一同皆様のご来院をお待ちしております!
スタッフブログ
Twitterやってます
キャットフレンドリー
当院での歯科治療の実施例
無麻酔下歯石除去の危険性について
"がん"についてのおはなし
猫の慢性腎臓病についてのお話
CAPP
レーザー治療
アニコム損害保険株式会社
夜間案内
夜間案内