皮膚科診療

 皮膚病には細菌や真菌(カビ)、寄生虫などの感染症、食事や環境中の物質に対するアレルギー、皮膚のバリア機能障害や皮脂の分泌異常などによるものなどさまざまな原因があり、さらにそれらが組み合わさり複雑な病態を示します。

 治療には内服薬外用療法食事療法環境整備サプリメントなどを組み合わせて使用します。一回で完治とはなりにくい病気なのですが、根気強く治療を続ければ完治が難しい病気であっても症状をうまく抑えて生活の質を保つことができます。出来る限り動物の身体への負担や飼い主様の負担がかかりにくい方法を話し合いながら、うまく付き合っていくことが理想です。

 現在、皮膚の症状で悩んでいる方は当院までご相談ください。

皮膚病のワンちゃんの治療を紹介します その1

症例1 NEW!

 顎や口周りの痒み、出血、耳の痒みを主訴に来院されました


治療内容

 外用治療

  ステロイド軟膏

  薬用シャンプー

  保湿剤

 内服治療

  アポキル錠

 食事療法


症例1

 治療開始から2ヶ月経過

  口周りの出血と赤みは改善し、

  頸部や両脇に発毛も認められます


診断

 アトピー性皮膚炎

 脂漏症



皮膚病のワンちゃんの治療を紹介します その2

症例2

 慢性的な皮膚の痒みと、

 足先の赤みと痒みを主訴に来院されました


治療内容

 外用治療

  ステロイド軟膏

  薬用シャンプー

  保湿剤

 内服治療

  低用量ステロイド

 食事療法および環境整備



症例2

 治療開始から2週間経過

  赤みと痒みは改善し、

  発毛が認められます


診断

 アトピー性皮膚炎






皮膚病のワンちゃんの治療を紹介します その3

症例3

 腹部の痒みを主訴に来院されました


治療内容

 外用療法

  薬用シャンプー

  保湿剤

 内服治療

  アポキル錠

 食事療法

 環境整備



症例3

 治療開始から1ヵ月経過

  腹部の皮膚の赤みに改善あり、

  発毛が十分に認められます


診断

 食物アレルギー



 皮膚炎の診断には年齢品種病歴症状のパターンなどが重要です。飼い主様からの情報があると重要な手がかりになり、より早期の症状改善につながります。もしよく判らない場合でも、できる限り一緒に改善まで取り組んでいきます。

 現在、皮膚の症状で悩んでいる方は当院までご相談ください。

スタッフブログ
Twitterやってます
キャットフレンドリー
当院での歯科治療の実施例
無麻酔下歯石除去の危険性について
"がん"についてのおはなし
猫の慢性腎臓病についてのお話
CAPP
レーザー治療
アニコム損害保険株式会社
夜間案内
夜間案内