レーザー治療

レーザーって何??

レーザーって何??

コンサートでビーム状の光を放ったり、プレゼンの際にポインターとして使用したり、パソコンのマウスに使用されているあのレーザーの光が、種類によっては医療の世界で使用されることもあります。

ここでは、レーザーがどのように獣医療で使用されるのかを紹介します。

当院では「半導体レーザー」という種類のレーザーを使用しています。

獣医療で使用されるレーザーには、他にも「YAGレーザー」や「CO2レーザー」などがありますが、「半導体レーザー」は組織を切開することや蒸散させることが得意です。

レーザーの主な使用法と利点

その1 手術中や手術後の出血や痛みを軽減できる

なぜレーザーを用いると痛みや組織へのダメージが少ないのでしょう。

それは、レーザーにより神経末端を閉鎖することで、痛みを軽減し発痛物質の放出を減らすことが出来るからです。また、レーザーによりリンパ管を閉鎖することで抗炎症作用が起こり術後の炎症(腫れ、痛み、熱感)が軽減されます。

その2 縫合糸を体の中に残さずに手術をすることができる

縫合糸を体の中に残さずに手術をすることができる

レーザーの熱凝固作用を利用して、手術の際に糸を用いずに血管をはさむことで止血が可能です。からだの中にできるだけ異物を残さずに手術を行なうことができます。

その3 体表腫瘤の切除

体表腫瘤の切除

レーザーの光を体表のできものに照射して、取り除いたり小さくすることが可能です。局所麻酔で出来る場合もあるので、全身麻酔をかけるには危険を伴う高齢の動物に対する新たな治療法のひとつになります。

その4 疼痛緩和

椎間板ヘルニアや関節炎などにレーザーの光を当てて、痛みや炎症を和らげることが可能です。

疼痛緩和
疼痛緩和

その5 創傷治癒促進

創傷治癒促進

レーザーの光を当てることで、血行が良くなり傷の治りを早めます。また、痛みを和らげることもできます。

その6 その他

腫瘍に対してレーザーでの温熱療法が現在は主に放射線療法の補助として行われていますが、今後単独での効果が期待されています。

その他にも逆まつ毛の脱毛によって角膜炎や結膜炎を防ぐ処置などが可能です。

その他
その他

このようにレーザーは外傷から腫瘍まで、動物たちのためにさまざまな役に立ってくれています。

当院では動物たちの負担をできるだけ少なくできるように取り組んでいきます。

手術に際してもご希望や疑問に思うことなどあればどんなことでもご相談下さい。

人と動物がより良い関係を結べるようにスタッフ一同皆様のご来院をお待ちしております!
スタッフブログ
Twitterやってます
キャットフレンドリー
当院での歯科治療の実施例
無麻酔下歯石除去の危険性について
"がん"についてのおはなし
猫の慢性腎臓病についてのお話
CAPP
レーザー治療
アニコム損害保険株式会社
夜間案内
夜間案内